醒井宿と梅花藻 梅花藻情報は下段にあります

中山道醒井宿は日本武尊を救った伝説の湧き水「居醒(いざめ)の清水」がある清流の街です。

●水中花 梅花藻
 バイカモはキンポウゲ科の水中多年草で清流でしか育ちません。7〜8月ごろに、梅の花に似た白い小花を咲かせることから『梅花藻(バイカモ)』の名が付きました。夏の最盛期には直径1.5cmほどの愛らしい花が一斉に川面から顔を出します。

米原市の梅花藻は、中山道の宿場町醒井の街中を流れる地蔵川で見られます。
川の源流が街中のある清清しい川の流れと宿場町の面影を残す町並みに、一服の涼を求める人で賑わっています。

米原市商工会・女性部のサポーターの方による梅花藻情報です。
梅花藻情報

地図(YahooMap)

天気は(Yahoo天気